飲食店に合う水サーバーのお水を比較

お水には、硬水と軟水があります。硬水と軟水を比較してみましょう。硬水は、マグネシウムとカルシウムが豊富で、ミネラル補給に適しています。軟水は、マグネシウムとカルシウムが少ないが、癖がなく飲みやすいです。コーヒーやお茶・妊婦さんや赤ちゃんのミルク作りにも適しています。

硬水を飲みなれてない人が摂取するとお腹を壊すこともありますので、天然水をお客様に出す場合は「硬水」「軟水」比較してみて、身体に負担の少ない軟水がお客様が飲むのには適しているかもしれません。しかし、料理に使うお水はその用途で硬水と軟水どちらがいいかはさまざまです。料理法を比較してみましょう。

例えば、ご飯を炊くときです。「軟水」を利用するとふっくらつやつやになります。「硬水」はご飯がぱさぱさになるので炊飯には向いていませんが、パスタや肉をゆでるのに向いています。ダシを取る時には「軟水」を使うことでうま味成分を引き出してくれます。このように、お客様に水サーバーから飲用水として出す場合と、厨房で料理に使う場合に合う水は、比較するとそれぞれ合う水が違う事が分かります。用途によって、使い分ける事が必要です。実際、水サーバーの水は軟水がほとんどです。

また、水サーバーの水は天然水の他にRO水があります。天然水と比較すると、RO水は、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外に、逆浸透膜によりろ過を行います。その時にミネラル成分もほぼ全て取り除かれてしまうので、硬度が低くとてもあっさりとしています。純水とも呼ばれます。

水サーバーとして、飲食店に置く場合の水の比較は、天然水にするかRO水にするかで決めると良いでしょう。水サーバーの水に天然水を選ぶと、さまざまな土地の水を飲用できるので、水の種類を楽しむという楽しみ方も提供できます。